FC2ブログ
プロフィール

姫島こども園

Author:姫島こども園
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】姫島こども園

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

QRコード

QR

リンク
今年1年ありがとうございました。

日頃から、姫島こども園の療育にご理解とご協力くださり、感謝申し上げます。

来年、就学や就園、継続と進路は様々ですが、残り3ヶ月子どもたちとたくさん遊び、楽しみ、ともに成長したいと思います!

日に日に寒くなって来ていますが、お身体に気を付けて、良い年をお迎えください。

来年、子どもたちが元気いっぱいで登園して来るのを楽しみに待っています!


by いたたた
皆さん、どんなクリスマスを過ごされましたか?
遅くなりましたが、子どもたちへのお母さんからのクリスマスプレゼントを紹介します。

①クリスマスツリー
毎日クラスの親子通園日のセミナーで、お母さんが子どもたちのために作ってくださいました(土台は職員がこだわって作りましたよ)。
ツリーは広げて、片づけることもできるんですよ☆

1_20191229194158ea5.png


オーナメントは、お母さんがお子さんの好きなキャラクターを考えて作ってくれました。

2.png
3_201912291942010ea.png
4.png


≪注目‼≫
みてみて、かわいいでしょ💛(トトロ&まっくろくろすけ)

5.png


土台に付いているまつぼっくりのクリスマスツリーもお母さんの手作り☆

6.png


皆さん、事前準備や当日いっぱいアイディアをいただき、ご協力ありがとうございました。大切に使っていきますね。



②クリスマスの飾りつけ
放課後等デイサービスのお母さんが顔ぬきの飾りを作ってくれました。
1月からもどこかに登場します。お楽しみに♪

7.png


 来年も素敵なクリスマスがきますように☆

STAR☆

11月下旬の土曜日、第2回目となる『父親の会』を開催しました。
事前に希望者を募り、この日は姫島こども園の毎日クラス、就園児クラス、放課後等デイサービスを利用されている6名のお父さんが集まって下さいました。

年に数回の行事でしか顔を合わせることのないお父さんたち。
はじめはみなさん緊張されていましたが、自己紹介をして、園長先生による子育てセミナーを聞いての感想や子どもたちの日々の様子、育児等に関する悩みを相談し合ううちに少しずつ和やかな雰囲気になっていきました。

お母さんが日々子どものことをよく見て関わってくれることへの感謝やお父さんの悩みに別のお父さんが応える等、お互いの情報を伝え合う場になりました。

セミナーの後は昼食を取りながらお父さん同士で就学、就園に向けての話、お母さんやきょうだいとの関係等についてお話をしました。

土曜日の開催ということでお仕事がお休みのお父さんや、この日のためにお休みを取ってくださった方、この後から出勤される方など様々でした。
少人数の会でしたが、お父さん同士がつながる機会となりました。
お父さんたちが少しでも子どもたちやお母さんと関わる際のヒントやきっかけになればいいなと思います。

今後も開催していく予定です。
たくさんのご参加お待ちしております!



『パパとママとあかちゃんのころのぼく』
Hくんの絵
今回の『父親の会』に参加されたお父さんのお子さんが書いてくれました。


by、25
 小さなころから音楽が好きな私は親子まつりのバンド演奏で久しぶりにトランペットを吹きました!

DSCN1706.jpg


 2年半ぶりの練習期間は約1ヵ月…全然以前のように吹けませんでしたですが久しぶりに演奏してみて、楽器を吹いていた時の楽しさが蘇ってきました。部活動ばかりに取り組んでいた中学生、高校生の6年間。楽しいことが多かったけれど、辛いことも多く、何度も”やめたい”と悩んでいました。でも今回バンドをして改めて音楽の楽しさに気づくことができました。自分一人で演奏するのではなく、ピアノ、ギター、ベース等と一緒に一つの曲を演奏するのは本当に楽しかったです

 今は保育中にピアノを弾いたりする時間は少ないですが、子どもたちの前でピアノを弾いて子どもたちに、音楽の楽しさ、面白さを伝えられたらなと思います。そのためにも日々練習してすぐに子どもたちの前で演奏できるようにしたいと思います

 音を楽しむことを忘れずに、これからも音楽を続けていきたいと思います(^-^)/

 by R.M
 小さな頃に絵本を読んだ記憶があまりないわたしですが、この仕事に就くようになってから、絵本が大好きになりました。
 仕事はもちろん、ひとりの時間に絵本に触れてホッと癒されるのも幸せなひと時です。絵本は読む人(子どもだけではないんです)の感性を豊かにし、言葉を育み、心と心のふれ合いを生むものだと感じています。
 本屋さんをの絵本コーナーで、子どもたちに読み聞かせたい絵本を探す時間はとても有意義なものです。その時のクラスの子どもたちの興味や理解に合わせて選ぶので、お気に入りの絵本に出会えても、子どもたちにお披露目しないものもあります。

 そこで今回、1冊の絵本を紹介したいと思います。わたしの好きな絵本作家のひとり、ヨシタケシンスケさんの作品『みえるとかみえないとか』です。
小

ヨシタケさんのかわいいタッチの絵本は独特な感性や視点から描かれたものが多く、あっと驚かされる、おもしろい作品がたくさんあります。

~物語のあらすじ~

 この物語の主人公はひとりの宇宙飛行士。
 主人公がとある星に着くと、3つの目を持った宇宙人に出会います。一度に前も後ろも見ることのできる宇宙人に主人公は「後ろが見えないなんて不便じゃない?かわいそう」と言われてしまいます。主人公にとってはこれが“ふつう”なのに。見え方が違うだけなのに・・・。

 そのことがきっかけで、主人公は今まで行った星で出会った様々な宇宙人のことを振り返ります。みんなちょっとずつ違うこと、その人だけの見え方や感じ方、その人にしか分からない気持ちを持っていることに主人公は気付いていきます。

~☆~

 みんな違うところもあれば、同じところもある。これって当たり前のことなのに、世間は人と違うところにどうしても目が行きがちで、それを短所のように指摘される場合もありますよね。
 この絵本では、見た目や特技などが違っても同じところを「そうだよね」と共感し、他人と違うところを指摘するのではなく、お互いに「へー!おもしろいね!」と笑い合えればもっと世の中がやさしくなることを伝えてくれています。

5_201910021817334f3.jpg

みんな違ってみんないい。
子どもたちやお父さんお母さん方がこの先出会う人たちが、少しでも多く、“ちがい”を認め合う人たちで溢れますように。
1小

気になった方はぜひ絵本をチェックしてみてくださいね♬

by Y.W
// ホーム // 次のページ >>